特集

住まいのコラム『マイホーム値引きのGET方法を考察』

お気に入り

不動産売買から新築・リフォーム、シェアオフィスや飲食店運営など幅広く活躍中の株式会社アル・エルをアドバイザーに迎え、マイホーム購入の知識や不動産の裏話など知りたい『住』情報をぎゅっと詰め込んだ住まいのコラム!毎週火曜日掲載です!

マイホームの購入の際に値引きはあるの?
値引き解説その2:具体的に値引きのGET方法を考察する!

前回のコラムに引き続き値引き解説の第2弾です。
より具体的に値引きGETへの方法を考察していきます。

まずは一番大事な考え方です。

営業マンは値引きの権限を持っていないことが多いです。
お客様と値引き交渉になった際は、上司に値引きの伺いをしないといけません。

その際に大きな値引きOKを引き出すためには、2つポイントがあります。

① 決定権者と一緒に打ち合わせに臨む
決定権者がいないと最終決定できないので、値引き交渉時には最終値引きの提示すらされない場合もあります。

② 持ち帰り検討はしない(その場で決める)
持ち帰って検討、となった時点で最終値引きの提示は行わない会社が多いです。
持ち帰って検討されると「もうひと交渉あるな・・」と、値引きに余力を残した提示になる場合が多いと思われます。

大きな値引きを引き出すには、決定権者と一緒に値引き交渉で納得したら契約するという意思表示をすることが大事です。

アル・エルYouTubeチャンネル【きっと、うまくいくTV】では、『見積追加で値引きを引き出す』、『新入社員値引きってあるの?』、『決算値引きとは?』などについて解説しています。是非動画もご覧ください!

住まいの相談会

株式会社アル・エルでは、住宅購入を考えている方を対象に「住まいの相談会」を随時開催しています。

住宅購入が現実的になるよう、ライフプランの作成から、ローンのシミュレーションまで、所属IFAが中立の立場でアドバイスいたします。(初回相談無料)
お気軽にご相談ください!

WRITER この記事を書いた人